バイオシャーク粉末が関節痛に良い理由を探ってみた

バイオシャーク粉末の口コミ情報からわかるように、関節痛に対して非常に効果があることがわかります。
では、その科学的根拠は、いったいどういったものなのでしょうか?

バイオシャーク粉末が関節痛に良い理由を科学的にみていきましょう。

まず、バイオシャーク粉末に含まれている成分は、サメの軟骨です。
実は、このサメの軟骨にはコラーゲンやコンドロイチン(コンドロイチン硫酸)といったものが含まれています。

このコンドロイチンという成分が、関節痛に対して効果があるのです。

コンドロイチンは、ギリシャ語で軟骨を意味します。
主に、全身の関節がなめらかに動くようにする潤滑油的な役割をもっています。

関節痛を簡単に説明すると、コンドロイチンがなくなることによって、潤滑油がしだいになくなり、関節と関節のあいだにあった関節軟骨がすりへり、関節同士が直接あたるようになる。
これによって関節の痛みが生じるのです。
これが関節痛です。

もう少し詳しく説明すると、関節の先端には、粘性と弾力性をもった関節軟骨といわれるものがあり、関節と関節のあいだのクッションをしています。
関節の外側は、関節包というもので包まれており、関節がうまく動かすのを調整しています。
この関節包に、コンドロイチン硫酸が含まれています。

関節包からコンドロイチンが流れ出ることで、関節軟骨に栄養分を与え、古い関節液を吸収する役割を持っているのです。
このことによって、関節軟骨がすり減ることを防ぐというメカニズムです。

言ってみれば、コンドロイチンの不足が関節痛を招くものなのです。

コンドロイチンは、20代を過ぎると次第に減っていきます。
ですから、誰しも補わないと関節痛を招くのです。

では、食品で採ったらいいじゃないか?

確かにその通りなのですが、食品として補える量は微々たるものです。
バイオシャーク粉末は、これらに比べると非常に多く摂取することができます。

実際、コンドロイチンやグルコサミンといった成分は胃などで多量に分解されてしまうことは事実です。
それゆえ、関節でお悩みの方は、食品と比べて少しでも効率の良い摂取ができるバイオシャーク粉末をおすすめします。